オランダ国立バレエ団ジュニアカンパニー

2013年に設立されたジュニアカンパニーは、若いダンサーがオランダ国立バレエアカデミーからオランダ最大のバレエ団であるオランダ国立バレエ団に飛躍するための足がかりとなることを目指しています。

オランダ国立バレエ団は彼らが成功したダンサーに成長するのに必要な経験を得るため、若い才能に適した環境を作り出しました。ダンサーには、バレエ団のプログラムを反映した毎日のプログラムが与えられます。ジュニアカンパニーでは、毎年少なくとも1回のツアープログラムを行っており、有名な振付家によってジュニアカンパニーのために振り付けられた新しい作品とともに、パ・ドゥ・ドゥーとネオクラシック、クラシックバレエの抜粋から構成されています。また、オランダ国立バレエ団との大規模な作品(白鳥の湖など)に出演することができます。